福岡市の燃料化施設紹介ページはこちらからご覧ください。
バーチャル見学など他コンテンツがご覧いただけます。

概要説明

①脱水汚泥受入

②造粒工程

③乾燥工程

④分離・回収工程

⑤製品出荷工程

対象年度 対象期間 固形燃料製造量 固形燃料の有効利用による
CO2削減効果
2020年度 2021年2月1日~同年3月31日 1,120.53t 1,636t‐CO2
2021年度 2021年4月1日〜2022年度3月31日 7,267.27t 10,614t-CO2

・2020年度 貸借対照表

・2021年度 貸借対照表